トップページ
診療について
院長あいさつ
小児科医師紹介
小児科コラム
整形外科医師紹介
整形外科とは
院内紹介
アクセス
ママさん小児科医の徒然日記
新年度
掲載: 2020/ 4/ 1(Wed)

暖冬だと言っていた矢先、雪が降ったりとよくわからない天気が続いています。
皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

あっという間に新年度ですね。
新型コロナウイルスが1月ごろからでしょうか、中国で流行し始め、今や全世界に感染が拡大しています。
現在日本でも拡大傾向がみられ、PCR検査を頑張ってされている保健所等の検査技師さんはじめ、重症患者さんを受け入れている高度医療を担う病院の先生方の日々のお忙しさは想像を絶するものです。
本当に寝る時間を割いて仕事に没頭されている状況が続いていることでしょう。

連日新型コロナウイルスの情報は錯そう、といえるほど飛び交っていますので割愛しますが、正しく恐れ、危険を回避できる予防線を張ってください。
つまり「やりすぎ」ご注意、です。
外に出ないほうがいいと言って引きこもっていては体力、筋力が落ち、健康を損ねる場合があります。
マスクがないからといって朝早くから薬局前に並び、風邪をひいたら本末転倒です。
まず気を付ける根本を整理して実行しましょう。
何でもかんでも恐れる、ではなく必要なことをちゃんと抑えるんです。

暗い話ばかりでは、気分も乗りませんよね。
病は気から、とまでは言いませんが、小さくても希望をもって物事を見つめるのはいかがでしょうか。

我が家では例年この時期お花見に出かけることが多かったので、それこそ屋台で買って外食、がほとんどでした。
今年は自宅で連日"粉もの"パーティーでしたよ。
普段あまりお手伝いの機会がなかった子どもたちは喜んで手作りギョーザとか、お好み焼きとか、ホットケーキとか、たこ焼きとか作りまくっていました。
いいところは既成のものを食べさせるよりも食が進むこと!
こんな時だからこそ、だったのかもしれません。
それでもまず現状を把握してその中で楽しみを見つけること。その前向きさが次につながっていくと私は思います。

当院のQRコードです
QR_code
小児科 診療予約
予約_QR_code