トップページ
診療について
院長あいさつ
小児科医師紹介
小児科コラム
整形外科医師紹介
整形外科とは
院内紹介
アクセス
ママさん小児科医の徒然日記
予防接種と乳幼児健診
掲載: 2020/ 4/24(Fri)

皆さん、こんなご時世ですが、いかがお過ごしでしょうか。
報道は暗いニュースが続き、気がめいりそうですね。才能のある有名な方たちが残念ながら亡くなられた、と聞くと本当につらいです。

ところで私は小児科医ですので、小児に関することですが。
各自治体で集団でやっている乳幼児健診も次々と中止となり、可能なところでは個別のものに切り替えたりしています。
病院、クリニックに行くのが怖くていやだから、と受診を控えられる方がものすごく増えました。
それが当たり前の反応だと思います。

でも。待てるものと待てないものの区別はつけてください。
例えば、生後 2か月から始まる予防接種の中でロタウイルスワクチン。
これは接種できる期間がものすごく短くて生後 6か月くらいにいらっしゃっても接種ができません。ですので遅くとも生後14週6日(生後3か月半過ぎ)までに1回目の接種を受け、生後24週(生後 6か月, 168日)までに接種を完了しましょう。

ほかには細菌性髄膜炎を予防するヒブワクチン肺炎球菌ワクチン。ある程度は待てますが、遅らせすぎて罹患してしまった場合、非常に危険な病気です。
また 1歳を超えてなるべく早く接種していただきたい麻疹風疹混合ワクチン。1歳のころにはお母さんのおなかでもらった免疫は全くない状態です。世の中には麻疹(はしか)、風疹ともに結構います。新型コロナウイルスほど派手に騒がれていないだけです。

当院はじめ全国の小児科では予防接種、乳幼児健診の方がいらっしゃる時間帯を特別枠として感染リスクを下げる工夫をしています。
風邪を引いた方と引いていない方を一緒にしない工夫です。
わからないことはかかりつけのお医者さんでちゃんと聞きましょう。
大丈夫です、いつも見てくださる先生は真摯に答えてくださるはずです。
大事なことを見逃さない、私たちが生きていくために大切なことだと思います。

緊急事態宣言
掲載: 2020/ 4/ 8(Wed)

とうとう出ました、緊急事態宣言。
一部からはやっとかよ、みたいなご意見もありますが・・・
当院がある地域は対応地域内ですので、周辺の学校、幼稚園もろもろ休校延長です。
入学式、始業式など節目の行事はすべて延期となりました。
保育園、学童はかろうじて休園を免れている状況ではありますが。
いつ休園になってもおかしくない社会情勢です。

休みだからといって大手を振って出られない状況ってふつうあり得ません。
ご自宅で頑張っていらっしゃるお父さん、お母さん、そして子供たち。
本当によく頑張ってくださっていると思います。
でも引きこもりと気分転換は別です。
特に成長期の子供が太陽の光を浴びなかったり、適度な運動をしないのは骨の成長にもかかわることです。

自宅の中や周辺でだけでも十分です。体を動かしましょう。
いいお天気が続いているので家族でちょこちょこ大掃除するのもありですね!

笑うことが延命につながる、というデータがある、と何かで聞きました。
一つの苦難があってもそれをプラスに考え行動すること。
それだけでも気分が変わって頑張れそうな気がしませんか。

新年度
掲載: 2020/ 4/ 1(Wed)

暖冬だと言っていた矢先、雪が降ったりとよくわからない天気が続いています。
皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

あっという間に新年度ですね。
新型コロナウイルスが1月ごろからでしょうか、中国で流行し始め、今や全世界に感染が拡大しています。
現在日本でも拡大傾向がみられ、PCR検査を頑張ってされている保健所等の検査技師さんはじめ、重症患者さんを受け入れている高度医療を担う病院の先生方の日々のお忙しさは想像を絶するものです。
本当に寝る時間を割いて仕事に没頭されている状況が続いていることでしょう。

連日新型コロナウイルスの情報は錯そう、といえるほど飛び交っていますので割愛しますが、正しく恐れ、危険を回避できる予防線を張ってください。
つまり「やりすぎ」ご注意、です。
外に出ないほうがいいと言って引きこもっていては体力、筋力が落ち、健康を損ねる場合があります。
マスクがないからといって朝早くから薬局前に並び、風邪をひいたら本末転倒です。
まず気を付ける根本を整理して実行しましょう。
何でもかんでも恐れる、ではなく必要なことをちゃんと抑えるんです。

暗い話ばかりでは、気分も乗りませんよね。
病は気から、とまでは言いませんが、小さくても希望をもって物事を見つめるのはいかがでしょうか。

我が家では例年この時期お花見に出かけることが多かったので、それこそ屋台で買って外食、がほとんどでした。
今年は自宅で連日"粉もの"パーティーでしたよ。
普段あまりお手伝いの機会がなかった子どもたちは喜んで手作りギョーザとか、お好み焼きとか、ホットケーキとか、たこ焼きとか作りまくっていました。
いいところは既成のものを食べさせるよりも食が進むこと!
こんな時だからこそ、だったのかもしれません。
それでもまず現状を把握してその中で楽しみを見つけること。その前向きさが次につながっていくと私は思います。

1 2 3 4 5 6 .. 14 next end
前へ 14
当院のQRコードです
QR_code
小児科 診療予約
予約_QR_code