トップページ
診療について
院長あいさつ
小児科医師紹介
小児科コラム
整形外科医師紹介
整形外科とは
院内紹介
アクセス
ママさん小児科医の徒然日記
読み聞かせ
掲載: 2018/ 6/25(Mon)

小さい子がいるご家庭では「絵本の読み聞かせ」について、少なくとも一度は話題に上ったことがあるとおもいます。
絵本を読んであげることで、「落ち着いた子が育つ」とか「いわゆる情操教育によい」とか、いろんな育児書に書いてありますよね。
じゃあ、と0歳の子に頑張って読んであげるお父さん、お母さん。
ちゃんと聞いて、にこにこしていてくれたらいいんです。
でも親の予想に反して、全然振り向かないとか、勝手にページめくってそれが楽しくて全然話聞いてくれないとか。
全力で頑張ってる親側からしたら、泣きたくなりますね。
私もその部類でした。
一人目の時はそれでもちょっと頑張っていたんですが、二人目は挫折していました。
そしたら、3歳くらい、だいたい幼稚園年少さんくらいになってくると、周りのことが目に入るようになって、周りの子の真似をするようになって、
先生のお話を聞くようになって、紙芝居やご本読みが聞けるようになってきて・・・
とたんに始まりました、「これ読んで!」。

小さい頃は本をめくる動作が楽しいんでしょう、それがだんだんお話自体が楽しくなってくるのだと思います。
そこからちょっとずつひらがな、カタカナ、数字に目が向き、自分で書いたり読んだり、をしたくなる、しはじめる子が出てきます。
我が家も例にたがわずそうです。
今では特 に二人目が毎日のように絵本を抱えて「読んで!」攻撃を仕掛けてきます。
ひどいと1回に4冊…さすがに声がかれます(笑)

聞いてくれないから、と挫折するのではなく、あらゆる体験がすべて子どもの刺激になっているんです。
そして親子の触れ合いの時間なんです。ママさんの愛情を一身に子供に向けられる時間なんです。
ママさんたち、日々お疲れかもしれませんが、ちょっとだけ、一冊だけ、子どもと一緒に絵本を読む時間を作りましょう。

マイブーム
掲載: 2018/ 6/18(Mon)

マイブーム。なんて言い方、古いとお思いでしょうが。
最近(といっても2月くらいから続いている…)我が家のマイブーム。
ある漫画が発端になって、ラーメン、でございます。
○○家とか○○亭とか〇下一〇とか・・・
ほかにもいろいろお邪魔しましたが、最近では回転寿司屋さんでもラーメン食べられるんですねえ。
数軒お邪魔いたしました。思った以上においしかったし、予想よりも安かった。
醤油、塩、とんこつ、みそ、タンタンメン、スーラーメンなどなど気分によっていろいろ選べて楽しいですねえ。
全国巡ろう、とまでは思いませんが、ご当地グルメとかで食べることができたら、一つの楽しい思い出になりますね。

皆さんはいかがでしょう。
マイブームなんてその都度ころころ変わるのが常ですが、どっぷりつかってるときってホント楽しいですよね。
そんな時の笑顔が、周りの人もきっと笑顔にしています。

胃腸炎
掲載: 2018/ 6/14(Thu)

冬に流行することが多いので、冬にしかないもの、と思われる方もいるんですが、胃腸炎は年中起こっています。
引き起こすのはほとんどがウイルスで、ノロウイルスとかロタウイルスとか皆さんがよく聞く名前はその中の一部です。
ほかにも色々いるんですが、原因のウイルスを突き止めるには結構面倒なんです。
ちゃんとした設備が整った研究室のようなところで、結構な時間と費用をかけてやるんです。
前述したノロウイルスとかロタウイルスなど、かかると重症化するようなものについては迅速診断という簡易検査キットがあるのですが、ふつうは大変なんです。

じゃあ、原因のウイルスがわからないと困るじゃないか、とお思いの方がいるかもしれませんが、実はそこまで困りません。
というのも胃腸炎、というのは、治療、対応はおおむねどれも一緒です。
吐いたものの処理、水分の取り方、学校や幼稚園、保育園などの集団生活におけるお休みの対応、どれをとってもあまり変わりません。
胃腸炎にかかると体に必要な水分だけでなく、塩分などの電解質がなくなります。
体力もかなり奪われて、身体を維持するのに必要なカロリーも満足に取れず、うまく対処しないとどんどん悪化します。

だからこそ、正しい知識を持って対応してください。
そして、具合の悪くなったご家族を看病する方も、自己防衛を忘れないでください。
必要あればマスク、手袋を使う。手洗い、うがいをするのは絶対の大原則です。
ママさんがお世話をする相手はほとんどがご自分のお子さんでしょう。
子どものなら大丈夫、は迷信です。
ママさんも同じようにかかる可能性は十分あります。

ママさんが倒れたら、家庭は崩壊します。
子どもがよくなっても、ママさんが倒れたら元も子もないんです。
だからこそ自分のことも大事にしてください。

当院のQRコードです
QR_code
TEL 048-711-3232
小児科 診療予約
予約_QR_code
整形外科 診療予約
TEL 048-711-3232
感染予防対策
新型コロナウイルス感染拡大に伴い、院内感染予防に努めております
詳しくはこちら